シンガポール(1日目)

夏期休暇を利用してシンガポールへ。8月15日終戦記念日の深夜に出発すると翌日の早朝に到着した。機材はB787-10で座席は3-3-3の配置であった。機内で飲んだシンガポール・スリングがかなり美味しかった。f:id:smyliea:20180908232319j:plainf:id:smyliea:20180908232335j:plain

ハードロックホテルに到着。至る場所にギターの絵がある。壁の景色絵画がギターをモチーフにしていることに気づく人はいるであろうか。スリッパがゴージャス。f:id:smyliea:20180908231654j:plainf:id:smyliea:20180908231703j:plain

383号室がキングサイズベッド(ベッド数1)、385号室がツインタイプ(ベッド数2)でコネクティングルームになっているのがありがたい。おそらく、この部屋に文句がある人はいないであろう。ホテルのボーイさんからチップを要求するされることもなく、アメリカに比べると気楽である。チップの習慣はなさそうな雰囲気である。しかし、ホテルのバーではチップが必要なこともあるようだ。ホテルから徒歩圏内にユニバーサル・スタジオがある。カジノからも10分程度のちょうどいい距離。
初日はキッザニア。日本に比べるとかなり空いている。しかし、ガラガラという訳ではなく、ちょうどいい感じで混雑してきた。

ここで、シンガポールについておさらい。正式国名はRepublic of Singapore(シンガポール共和国)。独裁体制に近いため、「明るい北朝鮮」と呼ばれることもある。
大きさは東京23区とほぼ同じの699平方キロ。
表記は英語、中国語、タミル語、マレー語。
マレー半島の南端に位置し、北側のジョホール海峡の先がマレーシア、南側のシンガポール海峡の向こうがインドネシア
日本占領時代は「昭南島」と呼ばれていた。

今日はここまで。